採用情報

HOME > 採用情報 > 先輩からのメッセージ

広瀬さん

広瀬 允人
本社営業部 営業1課 営業担当
2007年入社
経営学部卒業

現在の仕事について教えてください。
私は営業1課に所属し、近畿地方の一部と中国地方で約80件のお客様を担当しています。お客様を訪問しての新商品・季節商品の提案、そのための資料・サンプルの準備が業務の中心となりますが、お客様の主催する商品展示会への出展や、お客様との同行営業でホテル・旅館等のエンドユーザー様と直接商談を行うこともあります。
やりがいを感じるときは?
 私がやりがいを感じるのは、お客様に商品を提案し、その商品が採用された時です。
 新商品や拡販商品を選定する商品会議に参加する際には、その特徴や用途などを理解することはもちろん、『あのお客様のニーズにはこの商品が適うかな』『この商品はどのように提案しよう』と具体的なイメージを描くようにしています。そして実際に提案したときにお客様に喜んでもらえたり、注文をいただいたりすると、とても嬉しく思います。
仲間や上司とのやり取りで嬉しかったことや、言葉は?
 弊社の扱う商品は専門性が高く、多くの知識がなければお客様の質問や要望に十分に応えることができません。私が営業担当になったときは分からないことだらけで、困惑の連続でしたが、上司や先輩に相談や質問をし、自分なりに勉強する中で様々なことを覚え、今では後輩にアドバイスを与える立場になりました。
今の立場になって改めて、声を掛け合いやすい職場の雰囲気や気さくな先輩方に恵まれたと感じています。
お客様とのやりとりで嬉しかったのは?
 お客様との関係はあくまでもビジネスを前提としていますので、商談の場では真剣勝負です。一方で、ひとたび商談が終われば一緒に食事に行ったり、お酒を飲みに行ったりするお客様もたくさんいます。その場は様々な情報を交換する(単に雑談ともいいますが…)とても大切な時間です。そのような機会は、お客様に『広瀬は面白いやつ』と思っていただいてはじめてあり得ますので、お客様と食事に行く機会を持てたときはとても嬉しく思います。

一日の業務
7:30 出社、出張先や出張に持っていく商品サンプルの確認
8:00 出発、お客様訪問
赴く地域によって異なりますが、午前中のうちに1、2件のお客様を訪問できるように出発時間を調整します。交通情報や天気予報も事前にチェックしておきます。
12:00 昼食
13:00 お客様訪問
1件のお客様当たりの商談時間や距離を検討してスケジュールを組みますが、お客様の都合が変わったり、商談時間がのびてしまったりすることもありますので臨機応変さが必要です。
午後に2、3件のお客様は訪問します。
18:00 商談終了
出張期間中は基本的にビジネスホテルに帰りますが、お客様と食事に行くこともしばしばあります。
出張期間最終日であれば、早めに帰社しお客様から集金した代金を経理担当に渡して入金処理をしてもらいます。

ページの先頭へ